スキルを磨く姿勢が大切

派遣で働いていれば、将来への保証がないという事が問題となってきます。たとえ出産や育児で休まざるを得ないとしても、そのあと元の仕事に戻れる保証がありません。その点が正社員での採用との大きな差といえるでしょう。そういったデメリットがあることを認識したうえで、復職に向けた準備を休業前からしていく必要があります。

とにかく大事なのは、今の仕事をきちんとこなしていくことです。派遣先の職場からの評価が高ければ、戻ろうとした時に仕事が決まりやすくなるかもしれません。必要とされる人材になることが出来るように、日常業務の手を抜かないよう、プラスアルファの仕事ができるように心がけていきましょう。また、スキルを磨いていくという事も必要です。派遣は実力重視の世界です。中途半端な仕事をするのではなく、最高のパフォーマンスを発揮できるためにも、常に仕事を効率化していく努力を欠かさないようにしましょう。

そのため、どの会社に行っても役に立てるような知識や技術を自分の身に付けていかなくてはならないのです。まずは今の業務に直接かかわることから、学びを深めてみましょう。派遣会社でも研修などを行ってスキルアップを支援していることがあります。そういった支援制度を上手に利用していくことも大切です。もちろん休業中も自分なりに勉強を進めていき、より高度な資格を取得するなどという形でアピールポイントを作っておくとよいでしょう。単なる復職ではなく、より自分を輝かせる場所への転職も視野に入れてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です